サイト案内

トップ > 熟女体験

素人主婦が夫に内緒で生出演!卑猥なオナニーや濡れたオマンコを丸見せ公開!

人妻ライブチャットマダムライブ

カテゴリ

【熟女体験】50代の豊満熟女な未亡人の叔母のオナニーを覗いてたら見つかって背徳の肉体関係に堕ちました

学生の頃、叔母の家に居候し4年間、叔母とのSEXに明け暮れた。叔母は未亡人で当時50代半ば、優しくて色っぽい女だった。俺は叔母の豊満な胸や丸みを帯びたお尻を眼に焼きつけオナニーをした。「叔母さんとSEXしたい。」という思いが日に日に強くなっていった。ある日のこと、叔母が外出中に俺は叔母の部屋に忍び込みタンスの中の下着を物色していた際、小物入れのポーチを見つけた。中を見るとバイブとローターが入っていた。「叔...

【熟女体験】高校の先輩の40代のお母さんに誘われてセックスを手ほどきされた筆下ろしで秘密の童貞卒業しました

僕の初体験、今年の夏です。相手は高校の先輩のお母さんでした。僕はまだ、高校3年生で、別の社会人となっている友達と飲みに行っていた時、街でバッタリであったのです。 先輩のお母さんなので、高校生で飲みに行っていることが、先輩(現在は大学生)の耳に入ると恐ろしくて、どうしょうかと思いました。 でも、「黙っていてあげるから、今日は一緒にどう」の誘いに、2次会のカラオケに同行しました。先輩のお母さんと女友達5人...

【熟女体験】近所の45歳のおばさんの下着を漁ってパンツの匂いを嗅いでたら見つかって童貞高校生を卒業しました

ある日、ゴミを出しに行ったら近所のおばさん(45)に会った。おばさんは黒い小袋を持っていた。小袋はパンパンに膨れていた。気になって聞いてみると、要らなくなった下着を捨てるそうだ。おばさんは袋をゴミ箱に入れると去り際に『H君(16)、袋あさっちゃだめよ』と言っていった。俺はおばさんが見えなくなった後、その袋を家に持ち帰った。俺は前から肉付きのいいおばさんが好きだった。そのおばさんの下着が手に入って、心臓...

【熟女体験】友達の母親のピンクのパンツの下着にイタズラしたのがバレて童貞喪失の初体験セックスをしました

今、中学校の時から仲が良かった友達のお母さんと付き合ってます。名前は尚子で今42歳です。20歳の時に結婚したそうで子供は友達一人です。友達の家にはよく遊びに行ったり、泊まったりして尚子とは何でも話をしてました。甘い匂いのコロンをいつもつけていて尚子が近くを通るたびに甘い匂いがして、チンポが勃起して隠すのに大変だったです。高校二年の時に泊まった時、風呂は俺が最後に入る時洗濯機に尚子の淡いピンクのブラジャ...

【熟女体験】会社の51歳の閉経おばさんとセフレ関係です。旦那に内緒でアナル処女を奪って性処理肉便器に調教してます

僕は哲也(28歳)、そして僕のセフレは洋子(51歳)と言います。倍ほどの歳の差ありますが、セフレにするなら閉経したおばさんもありですね。まず、妊娠の心配が無い、そしてSEXに貪欲です・・・快楽を求める事しか考えていません。男の性欲処理には最高です。「女は閉経した時から妊娠の心配から解放されるのよ・・・」洋子はよくそう言います。また、食事代、ホテル代などはほとんど年上の洋子が出してくれます。洋子とはセフレ...

【熟女体験】職場の慰安旅行で50代のぽっちゃりおばさんを抱いて浮気してセフレの牝豚性処理女にしました

僕のセフレを紹介したいと思います。僕の名前は哲也、28歳の独身です・・・付き合っている彼女(27歳)はいます。紹介したいセフレは彼女の事ではなく51歳の女性(おばさん)です。ここでは便宜上、洋子と呼びます。知りあったのはお互いの仕事場です・・・彼女はパートとして入って来ました。体系は少しポッチャリしていて、顔は今でも見れる位の可愛さは残っています。仕事の指導を僕が担当する事になり、それがきっかけで話をす...

【熟女体験】46歳の熟女をナンパしたらお色気ムンムンのエロい人妻でおまんこ生ハメさせてくれました

今までの相手は10代20代の独身でしたが、ついに人生初46才の人妻とヤッちまいました。ここで初めて明かしますが僕は熟女好きです。もしかしたら店員は気付いていたかもしれませんがAVは熟女モノが多いです。僕が求めるのは可愛さじゃないんです、エロさと興奮です。それと上品な話し方。今まで何人ナンパしても失敗で人妻熟女は雲の上の存在でした。いつものように雑貨屋で後ろ姿のセクシーさにビビビッと来て、前へ回り美人で巨乳...

【熟女体験】配達先の旅館の熟女の奥さんと浮気関係です。旦那さんの留守中に調理場で肉欲交尾に耽ってます

自分の実家はスーパーをやっています。私はここの2代目(26歳)です。もう20年以上もひいきにしてもらっている旅館の奥さん(令子さん47歳)と5ヶ月ほど前から深い関係になりました。令子さんは毎朝仕入れに来てくれるのですが、買った品物が多くて持って帰れない時は、私がいつもあとから配達しています。前々から令子さんのことが好きだったのでダメもとで告白しました。そうするとあっさりOKでした。あとから聞いたのですが、令...
広告
広告
広告
広告
広告
広告